dポイント

ドコモの「dポイント」の上手な使い方を解説!注意点やお得な貯め方も

投稿日:

ドコモのポイントサービス「dポイント」を賢く使おう!

2015年12月からサービスが開始した、ドコモのポイント「dポイント」。ドコモの携帯料金に充当したり
機種変更に利用できたりする以外にも、幅広く利用することができます。

せっかく貯めたポイントなら、有意義に使えたら嬉しいですよね!そこで、この記事ではdポイントの上手な使い方をご紹介します。

dポイントとはどのようなもの?

dポイントは、ドコモが提供しているポイントサービスです。PontaやTポイント、楽天ポイントと同じサービスだと
言うとイメージしやすいですよね。

dポイントは、ドコモのスマホや携帯、ドコモ光などの利用料金に対して付与されるだけではありません。提携先での
ショッピングやレストランなどで提示することで、付与されます。ドコモユーザー以外でもdポイントを貯めたり
使ったりすることができます。

所有しているdポイントの確認方法

現在所有しているdポイントは、ドコモの「dポイントクラブ」のサイト上で簡単に確認することができます。
dポイントクラブのサイトにアクセスし、dアカウントでログインすれば利用可能ポイントが表示されます。
家族で回線をまとめている場合は、ポイントを合算して表示されます。

dポイントクラブでは、ポイント数以外にも有効期限も確認ができますので、知らないうちに失効してしまわないように
早めに確認しておくと安心ですね。

dポイントの利用方法とは

dポイントには、幅広い使い方があります。1つずつご紹介していきますね。

ドコモの料金支払いに充当する

最もメジャーなdポイントの使い方が、コレです。dポイントをドコモの支払に充当する方法です。
充当したい場合は、dポイントクラブから申し込みが可能です。公式サイトの「ケータイ料金の支払いにつかう」という
ページで利用ポイントを入力し、申請すれば手続きが完了します。同様にアプリでも手続きは簡単に行えます。

dポイントは1ポイント1円で利用が可能ですが、最低でも3000ポイントないと利用できません。また、一度申請したら
取り消しは不可となっていますので、よく考えて申請するのがいいですね。

ドコモのスマホや携帯電話の機種変更時に利用

ドコモのスマホや携帯電話を利用している人の多くは、機種変更時にdポイントを使って割引サービスを受けるようです。
私も、毎回機種変更時にdポイントを活用しています。

dポイントは、機種変更の機種本体だけではなく、スマホのアクセサリーやオプション品などドコモ商品に幅広く利用
できます。また、故障修理の代金にも充当することができますので、いざという時に便利ですよね。

貯まっているdポイントは、ドコモショップ店頭での手続き以外にもオンラインショップで利用することも可能です。
機種変更時に利用したいと考えている人は、事前に保有ポイント数を確認しておくと安心かもしれませんね!

dポイント加盟店で利用する

最近、人気が高まっている利用方法が「dポイント加盟店での利用」です。
dポイントを使うだけではなく、貯めることもできる「dポイント加盟店」は、サービス開始から順調に増えています。

街のお店で有名なショップですと、ローソン、マクドナルド、マツモトキヨシ、高島屋、タワーレコードなどがあります。
最近では、アオキ、ユナイテッドアローズ、GLOBAL WORKやLOWRYS FARMなどの衣料品店、ライフなどのスーパーマーケット、
いきなりステーキやペッパーランチなどの飲食店と幅広いお店で利用ができます。

日常で利用するお店から、特別なお買い物をする場所まで様々な場面でdポイントを貯めたり利用できるので、とっても便利ですよね!
dポイントは、1ポイント1円としてお買い物時に利用ができます。dポイント加盟店はレジや入口に「加盟店」のステッカーを
貼っていますので、精算時にdポイントカード等を提示すれば簡単に使うことができます。

ドコモの運営サイトでショッピングやホテル予約に使う

また、dポイントは実店舗以外でもネット上で利用することが可能です。
ドコモが運営しているサイト「dマーケット」で、実店舗と同じように貯まったポイントを使ってサービスを購入することができます。

dマーケットには、ショッピングができる「dショッピング」以外に、ドコモの出前サイト「dデリバリー」や
旅行サイト「dトラベル」、雑誌が読める「dマガジン」など多くの種類があります。ですので、ご自身で
使いたいサービスがあれば、dポイントを使って利用するのも一つですね!

d払いに対応しているネットショップで利用する

ドコモの決済サービス「dケータイ払いプラス」をご存知でしょうか?ネットショッピングの決済で「dケータイ払いプラス」を
選ぶと、支払い分がドコモの携帯料金と合算して請求されるサービスです。
このdケータイ払いプラスを利用する際にも、dポイントを利用することが可能です。

dケータイ払いプラスに対応したネットショッピングには、DHCオンラインショップやソニーストア、SHOPLIST、
らでぃっしゅぼーやなどがあります。定期的にこれらのサイトで買い物するのであれば、貯まったポイントを
使って割引を受けるのも一つの手ですね!

JALマイルやpontaポイントに交換する

dポイントの凄いところは、dポイントとして利用する以外に他のポイントに交換して利用することができる点です。
dポイントは、JALマイルやPontaポイントに交換することができます。交換することで、dポイントは利用ができないが
JALマイルやPontaポイントなら利用できる店舗やサービスで使うことができるようになり、ポイント利用の幅が広がります。

特に、JALマイルだと航空券、Pontaポイントだとリクルート系のサービスに使えます。dポイントの加盟店や
ネットサービスの利用予定がない・・・・という人は、他のポイントサービスへの変換を検討してみてはいかがでしょうか?

dポイントをAmazonギフト券に交換する

dポイントや、他社ポイントサービスで利用したいものがない、あるいは欲しいものをAmazonで購入したいという人は、
dポイントをAmazonギフト券に交換するのがおススメです。

ただし、Amazonギフト券への変換は、JALマイルやPontaポイントと違いひと手間かかります。それは、
「dカードプリペイド」が必要という点です。

dカードプリペイドは、全国のiD加盟店および国内外のMasterCard加盟店で支払い時に利用ができるプリペイド
(前払い式)カードです。あらかじめ入金をしておくことで、支払時に使うことができます。

dカードプリペイドは、満12歳以上でdアカウントを保有している人であれば簡単に作成ができます。ドコモの携帯電話を
使っていなくても問題ありません。dポイントをAmazonギフト券に交換する方法は、dポイントをまず
dカードプリペイドにチャージします。そして、dカードプリペイドを使ってAmazonギフト券を購入すればいいというわけです。

この方法のおススメな点は、1dポイント=1円でAmazonギフト券になるだけではなく、+アルファでポイント付与があり
お得になるという点です。

例えば、1000dポイントを利用してAmazonギフト券を手に入れるとします。この場合、まずは1000dポイントが1000円分として
dカードプリペイドにチャージされますよね。この状態でAmazonギフト券を1000円分購入することができ、さらに
dカードプリペイドの利用で0.5%分のdポイントが付与されます。つまり、Amazonギフト券の購入で1,000×0.5%=5円分の
dポイントがまたもらえるというわけなんです。

この流れで、交換に一切手数料はかかりません。よって、結果的に持っているdポイントを効率よくAmazonで使える上に
少しお得なdポイントももらえます!Amazonを定期的に利用している人は、この方法が魅力的かもしれませんね!

dポイントの使い方

実際に、貯まったdポイントを使いたい場合は、どのようにすればよいか解説します。
どれも手間が無く、とても簡単なので安心してくださいね!

dポイントカードやdカード等を店頭で提示する

店頭でdポイントを利用する場合、最も簡単なのがdポイントカードやdカードを店員さんに見せる方法です。
提示してdポイントを利用できるカードは、3種類あります。dポイントカードは、クレジット機能がなく、年会費や
発行費も無料の誰でも作れるポイントカードです。dポイントカードはドコモショップやローソンなどのdポイント加盟店で
「作りたいです」と言えば、すぐに発行してもらえます。

その他、クレジットカード機能がついているdカードやdカード GOLDも、ポイントカード機能が付いているので
提示すればOKです。dカードやdカード GOLDは、決済にクレジットを利用すれば、dポイントを貯めることも
できて更にお得なカードですよね。

dカードアプリを店頭で提示する

ポイントカードを持っていない人は、スマートフォンの「dポイントクラブ」のアプリ内にあるバーコードを提示すれば
ポイント利用が可能です。dポイントクラブのアプリは、iPhone、androidスマホ共にダウンロードができ、無料で
利用できます。ポイントカードは持ちたくないという人はアプリがおススメですね。

おサイフケータイアプリで使う

さらに、普段おサイフケータイを使っている人は、dポイントカードもアプリも必要ありません。dポイントを
おサイフケータイに紐づけておけば、決済時に自動的にdポイントを貯めたり使うことができるようになります。
この方法だと、決済時にカードやアプリを提示する必要がないので、とても楽ですね!

dポイントの注意点とは

加盟店も増えていて、使い勝手がますます良くなるであろうdポイント。しかし、便利な反面注意点もあるので、解説しますね。

期間・用途限定とは?

dポイントには、有効期限が長く使い道の指定が無い通常ポイントのほかに、「期間・用途限定」というポイントが
あります。その名の通り、有効期限や使い道を限定されているため、いざポイントを使おうと思ったときに
期限切れで使えない、なんてことが起こります。

期間・用途限定のdポイントは、主にキャンペーンや特別プログラムの利用時に付与されることが多いです。
例えば、ドコモの子育て応援プログラムなどは、期間・用途限定のdポイントなんですね。

期間・用途限定のdポイントは、主に店頭やネットショッピングでの利用は問題なくできますが、携帯料金やデータ量の
追加に利用することができません。また、上記でご紹介したAmazonギフト券への交換も、通常ポイント分しか対応できません。
というのも、dカードプリペイドへの入金自体、期間・用途限定のdポイントはできないからです。

お得に使えるdポイントですが、期間・用途限定だと利用の制限が少々あるかもしれません。
当たり前と言えば当たり前のことなのですが・・・。

なお、期間や用途は、付与されたキャンペーンによって異なります。貯まっているdポイントが通常か期間・用途限定なのかは
dポイントクラブのサイトやアプリで確認ができるので、こまめに確認しておくと安心ですね!

dポイントを効率よく貯めるならdカード GOLDがおススメ!

いかがでしたか?dポイントは、加盟店でのショッピング以外にも、ネットショッピングや他のポイントサービスへの変換を
使うことで幅広いサービスで使うことが可能です。ドコモの携帯料金や機種変更で使うのも手ですが、よく買い物する店舗で
使ったり、dマーケットで様々なサービスに利用するなど、自分のライフスタイルに合わせて賢く使うのがおススメですね!

ちなみに、私が最もおススメな利用法はdカード GOLDの活用です。dカード GOLDを携帯料金の決済に指定すれば、
請求額の10%のポイント還元のサービスを受けられます。これが、とにかくお得!通常は1%なので、10倍もの
dポイントをサクサクと貯めることができるんですね。

そして、貯まったdポイントを利用して、dマーケットで様々なサービスを利用しています。先日は、dトラベルを使って
旅行代金の一部をポイント支払いにしました!これで、ちょっと高級な宿泊先をお安く利用でき、大満足の旅になったんですよ。

dカード GOLDは、簡単にdポイントを貯めることができる上に、ケータイ補償や海外旅行保険などのサービスも
充実していて、1枚持っているとかなり使えるクレジットカードです。特にドコモユーザーにとっては、持っていると
お得なカード。他の決済方法で携帯料金を支払っていてもなかなかたまらないdポイントが、サクサク貯まるようになるんです!
ぜひ、dカード GOLDを上手に使って、お得にdポイントを活用してくださいね。

-dポイント

Copyright© ドコモユーザが得するdカードのオキテ , 2018 All Rights Reserved.