ずっとドコモ割

「ずっとドコモ割プラス」とはどんなサービス?お得になる方法とは

投稿日:

「ずっとドコモ割プラス」とは何?詳しく解説します!

2018年5月からサービスが開始された「ずっとドコモ割プラス」。ドコモの利用年数や獲得したdポイントの数によって、
自動的に料金割引などのサービスを受けられるドコモの優待サービスです。長期間のドコモ愛用者や、毎月たくさん
パケットを利用する人にメリットの大きい「ずっとドコモ割プラス」ですが、以前の「ずっとドコモ割」との違いは
何か気になりますよね?

この記事では、新たに作られた「ずっとドコモ割プラス」について、詳しくまとめてみました。
せっかくの割引サービス、少しでもお得に利用できるようにと思っています。この記事が参考になればうれしいです!

まずは「dポイントクラブの改定」について

「ずっとドコモ割プラス」の説明をする前に、同タイミングで実施された「dポイントクラブ」の改定についても
理解しておく必要があります。
2018年5月よりリニューアルされた「dポイントクラブ」は、以前のものと比較して内容が大きく変更しています。

dポイントクラブの改定ポイントは?

新旧dポイントクラブの大きな変更点は、「ステージの区分数」「ステージ判定の期間や時期」、そして「優待特典」の
3つです。それぞれ、どのように変化したのか見ていきましょう。

ステージ区分が4→5に変更

まず、大きな変更点はステージ区分の数が4から5に増えた点です。旧dポイントクラブのステージは、
「レギュラーステージ」「ブロンズステージ」「シルバーステージ」「ゴールドステージ」の4つでした。

これが、新dポイントクラブになると、「1stステージ」「2ndステージ」「3rdステージ」「4thステージ」に加え
「プラチナステージ」の計5つになりました。

ステージ区分が変わったことで、最も得をするのがドコモの回線利用歴が10年未満の人です。旧dポイントクラブの
ステージは、ドコモの回線継続の利用年数が10年以上か否かの判断基準しかありませんでした。しかし新しいステージは、
4年、8年、10年、15年と反対基準が細かく設定されました。これにより、比較的短い期間のユーザーでも
上位ステージになる可能性があるんですね。

また、ステージ判定のひとつ「dポイントの獲得数」も細かな設定になりました。旧dポイントクラブは
600ポイントの次は3000ポイントとなっていました。しかし、新dポイントクラブではその間に1800ポイントが設定。
これにより、ステージ上位を狙うことが容易になりました。

ステージ判定の期間やタイミングの変更

ステージ判定に使われる項目は、新dポイントクラブでは「ドコモの回線継続利用期間」と「dポイント獲得数」です。
古いポイントクラブでは、dカードの所有有無も判定基準となっていましたが、こちらは廃止されたようです。

また、ステージ判定のタイミングが大きく変わりました。新たなdポイントクラブでは、毎月判定されるようになりました!
以前は6か月に1回しか判定タイミングがなかったため、ポイント獲得が多くなればすぐにランクアップできるようになったと
いう訳なんですね!これはかなり嬉しい変更です。

ただし、逆にポイント獲得数が減ったことによりランクダウンするのも早くなってしまう、ということなので
注意してくださいね。

優待クーポンの付与

新しいdポイントクラブの優待特典のひとつに、ステージに応じてもらえる優待クーポンがあります。
dポイントクラブクーポンは、dポイントクラブの会員であればどなたでも利用が可能です。その他に、
4thステージ以上の人がもらえる「スペシャルクーポン」、プラチナステージの人だけがもらえる
「プラチナクーポン」があります。

この優待クーポンは、映画や遊園地の割引やレストランなどお得に利用できる、とってもありがたいクーポンなんです。
ドコモユーザーであれば、dポイントを貯めるだけではなく、dポイントクラブのステージもアップしてお得な優待を
利用したいですよね!

dポイントクラブの改定で得をする人とは?

つまり、今回のdポイントクラブのリニューアルでメリットがある人は、ドコモの利用歴が10年未満でdポイントの
獲得数が比較的多い人だと言えます。

今までは、長期間ドコモを利用していないと正直メリットの少ないdポイントクラブでしたが、改正により得になる人は
比較的多くいるようです。

「ずっとドコモ割プラス」が新しくサービス開始

そして、このdポイントクラブのリニューアルと同時に新設されたのが、「ずっとドコモ割プラス」です。こちらも、
以前あった「ずっとドコモ割」がリニューアルされた内容となっています。

ずっとドコモ割プラスは、簡単に言えば「dポイントクラブのステージに応じて、毎月の携帯料金から割引あるいは
dポイントの進呈サービスが受けられる」という内容です。

以前の「ずっとドコモ割」では、月々の料金からの割引のみだったのですが、今回新たに「dポイント進呈」というサービスが
追加されました。これが大きな変更点です。

「ずっとドコモ割プラス」は、特別な申し込み手続きが必要ありません。該当する料金プランを契約し、条件を
満たしていれば自動的に適用となります。

今回のリニューアルでは、dポイントクラブのリニューアルに合わせてステージに応じた割引額の変更がありました。
ただし、割引の額自体は、旧から新へそのまま移行しており、大きな変更はありません。しかし、新設された
「dポイント進呈」を選んだ場合に、大きなメリットがあるようになったんです。

「ずっとドコモ割プラス」はdポイント進呈がお得な理由

ポイントの方が還元額1.2倍

「ずっとドコモ割プラス」で選べる割引方法は「毎月の携帯利用料金からの直接割引」か「dポイント進呈」の2つ。
このうちdポイント進呈を選んだ場合、なんと料金割引の1.2倍ものポイントが付与されることになります。

例えば、3rdステージの人がシェアパック5(小容量)を契約していた場合、料金割引の額は毎月200円です。これを、
dポイント付与にした場合、毎月240dポイントが進呈されます。差にして毎月40円ですので、それほど大きな差はないでしょう。

しかし、プラチナステージでシェアパック5(小容量)を利用の場合は、毎月割引だと800円、dポイントだと960ポイントです。
月々160円、年間だと1,920円の差になります。

さらに、プラチナステージでウルトラシェアパック100を契約している場合は、もっと差が大きくなります。
料金割引だと月々2500円、dポイント進呈だと3000dポイント。月々500円、年間で6,000円もの差になるんですね!

このように、dポイント進呈は、ステージが上位の人や契約しているパケットパックが大きい人ほど、
よりメリットがあると言えますよね。ドコモの継続年数が長い人や、大容量のパケットパックの契約者は
割引よりもdポイント進呈の方が断然お得なんです。

利用料金に対するdポイントの付与も多くなる

そして、料金割引よりもdポイント進呈がおススメなのには、もう一つ理由があります。それは、月額の
利用料金に対するdポイント獲得数も多くなるということです。

こちらも、具体例を挙げて説明しますね。例えば、携帯料金が10,000円の人のケース。
プラチナステージでシェアパック10(小容量)の場合、料金割引を選ぶと1,000円引きとなり、結果請求額は9,000円となります。
dポイントの付与は、9,000円×1%=90(dポイント)となりますよね。

一方、これを「dポイント進呈」にした場合はどうなるでしょう。
ポイント進呈は、1.2倍の1200dポイント。1,200円分もらえます。さらに、請求額に対するdポイント付与は、
10,000円×1%=100(dポイント)となります。

つまり、料金割引ではなくdポイント付与にした場合、もらえるポイントの額が増えるだけではなく、
月々の請求額に対して付与されるdポイントも多くなるということなんです!

毎月の支払を抑えたいなどの理由で料金割引を好む人もいますが、もし理由がなく割引にしているのであれば、
dポイント進呈に変えるのもおススメですよ。

「ずっとドコモ割プラス」は料金割引とdポイント進呈どちらを選ぶべき?

上記のように、dポイント進呈の方が、メリットが大きくdポイント進呈がおススメです。貯まったdポイントは
コンビニやネットショッピングでの利用ができますし、より効率的にdポイントを貯めることができるからです。

ただし、dポイントには期限があり、うっかり交換や利用を忘れて期限が過ぎて失効する可能性もありますよね。
また、進呈には手続き申請が必要なので、少々手間が発生します。

「手続きが面倒」「毎月の請求額が少ない方が良い」「dポイントをあまり利用しないので現金値引きの方が良い」と
いう人は、料金割引の方が、メリットが大きいかもしれません。

それぞれ、自分の用途に合わせて選ぶのがおススメですね!

「ずっとドコモ割プラス」の注意点

基本的には、加入の手続きも不要でお得になる「ずっとドコモ割プラス」ですが、注意点がいくつかあります。

シェアパックの場合は、代表回線のステージの割引

シェアパックの利用者は、代表者の回線のステージが適用となり割引やポイント進呈が行われます。ですので、
シェアパックを組む場合は、ドコモの回線利用年数が長い人を代表者にするのが一番メリットですよね!
これは、以前のdポイントクラブでも同じでしたが、今一度見直しておくと安心だと思います。

ポイント進呈の場合は手続きが必要

ずっとドコモ割プラスへの加入手続き等は必要ありませんが、料金割引ではなくポイント進呈を希望する場合は、
別途申し込み手続きが必要になります。手続きをしないと、ずっと自動的に料金割引になってしまうんですよね。
なので、ポイント進呈を希望する人は、早めに手続きをしておきましょう。

申し込みは、ドコモのオンライン受付やドコモショップ、ドコモインフォメーションセンター(電話)で可能です。
手続き時代は簡単にできますので、ポイント進呈にしたい人は忘れないうちに手続きしてしまいましょう!

付与されるポイントは期間・用途限定

そして、ポイント進呈で付与されるdポイントは、「期間・用途限定ポイント」となっています。期間は2年間で、
使えるお店も一部限定されています。

とはいえ、ローソンやマクドナルド、ドラッグストアなどほとんどのお店やネットショッピングでは通常ポイントと
同じように利用できますし、2年間の有効期間もあります。普段からこまめにポイントを確認したり利用する人に
とっては、大きな問題ではなさそうです。

あまりdポイントを使わない人にとっては、有効期限を失念してしまう可能性もありますので、ポイント進呈はあまり
おススメできないかもしれませんね。

2年縛りがない料金プランは割引対象外

「ずっとドコモ割プラス」は、料金プランのうち「ずっとドコモ割コース」を選んでいる人に対して適用されます。
ずっとドコモ割コースは、毎月の請求額が安くなる代わりに、2年間の定期契約が必須となります。いわゆる「2年縛り」というもの。
一方、ドコモにはこの2年縛りがない「フリーコース」がありますが、こちらは「ずっとドコモ割プラス」が適用対象外となります。

2年以内でドコモの携帯を解約する予定や見込みがある人は、フリーコースを選んでいる可能性が高いですよね。
その場合は、残念ながらずっとドコモ割プラス対象外となります。

ドコモのスマホ料金はdカード GOLD支払いがおススメ!

いかがでしたか?ずっとドコモ割プラスは、長期間ドコモを利用しているユーザーや、毎月の使用データ量が多い
ユーザーにとってメリットのあるサービスです。特に、利用が多ければ多いほど、dポイント進呈の恩恵を受けられます。
ぜひ上手に活用してくださいね!

また、dカード GOLDを利用している人は、ずっとドコモ割プラスでdポイント進呈を選択したほうが、ポイント付与が
増えてさらにお得になります。dカード GOLDを持っている人は、日常でもdポイントを使用する機会が多いですから、
ずっとドコモ割プラスを活用してさらにdポイントを貯めることで、お得にお買い物もできますよね。
dカード GOLDの所有者にとっては、さらにメリットの大きい「ずっとドコモ割プラス」のdポイント進呈。ぜひご活用くださいね!

-ずっとドコモ割

Copyright© ドコモユーザが得するdカードのオキテ , 2018 All Rights Reserved.