機種変更

ドコモの機種変更に必要なものは何?お得に機種変更する裏技もご紹介

投稿日:

ドコモのスマホ、機種変更に必要なものは何?

ドコモの2018年秋冬モデルのスマホがいよいよ発売の時期を迎えました。新型iPhone XSも着々と人気を伸ばしており、
スマホの機種変更を検討している人も多くいるでしょう。

そこで、この記事ではドコモの機種変更の方法や注意点を詳しく解説します。「せっかく機種変更に店頭に行ったのに、
必要な書類を忘れてできなかった!」なんてことが無いように、事前に記事を読んで準備万端で機種変更してくださいね。

また、せっかく機種変更をするのであれば、少しでも安くお得にしたいですよね。そこで、最後にドコモの機種変更を
お得にする裏技を、特別にお教えしますね!どの方法も簡単にできるので、ぜひ参考にしてお得に機種変更をしてくださいね!

ドコモの機種変更に必要な書類・準備物は?

ドコモの機種変更に必要なものは、どの窓口で手続きをするかによって少々変わってきます。機種変更は、
ドコモショップや家電量販店の窓口で行うか、あるいはドコモオンラインショップでの手続きが可能です。
まずは、それぞれのケースにおいて必要なものを見ていきましょう。

ドコモショップや家電量販店での機種変更に必要なもの

窓口での機種変更の場合は、以下が必要なものになります。手続きをする時に準備しておいてください。

・契約者の本人確認書類
・ネットワーク暗証番号
・現在使っているスマホや携帯電話、SIMカード

窓口には、基本的には機種の所有者(契約者)が行って手続きを行いますよね。その本人確認書類が必要になります。
具体的には、運転免許証や健康保険証、パスポート、マイナンバーカード、住民基本台帳カード(写真付き)、
在留・外国人登録証明書などが該当します。書類は氏名・生年月日・現住所が記載された有効期限内のものが該当します。
これらは主に手続きの際、携帯電話の本体代金を割賦支払で購入する時に確認として使われます。

また、契約者本人の確認として、本人確認書類以外に「ネットワーク暗証番号」の入力を求められます。大体の人は
覚えていると思いますが、思い出せない人は事前に確認しておきましょうね。

また、現在使っているスマホを持っていける場合は、持参するのが安心です。もし本体が壊れて使えない場合も、
SIMカードは持参するのがおススメですね。

ちなみに、今使っている機種を持っていくと、下取りキャンペーンが利用できることがあります。下取りキャンペーンでは、
機種変更と同時に下取りした場合は新機種の代金から現金値引きされますのでお得ですよね。
現在使っているスマホ本体を次に使う予定がない場合は、一緒に持っていくようにしましょう。

ドコモオンラインショップの機種変更で必要なもの

ドコモオンラインショップでの手続きの場合は、本人確認書類等の用意は必要ありません。
逆に、ドコモオンラインショップで必要になるのが「dアカウント」です。
dアカウントは事前に簡単に作成できますので、手続き前に準備しておきましょう。

また、オンラインの手続きの場合、支払は金融機関の引き落とし口座もしくはクレジットカードがあるとスムーズにできます。
なので、銀行口座もしくはクレジットカードも用意しておくと便利でしょう。

店舗での手続きに比べて必要なものが少なく、かつ事務手数料などの出費も不要なので、ドコモオンラインショップは
メリットが多いですよね!ですので、機種変更はドコモオンラインショップがおススメなんです。

機種変更の前にはデータのバックアップをしよう

機種変更をする場合、店舗に行く前に必ずやっておくことがあります。それは「データのバックアップ」です。

昔は、携帯電話の中に入っている電話帳などのデータは、機種変更時に窓口で新機種に移行してもらうことができました。
しかし、現在はデータ量が多い事や個人情報保護の観点から、窓口のスタッフは一切関与してくれないことになりました。
つまり、データの移行は自分自身でしなければならないんですよね。

このデータ移行が実は非常に手間で、データのバックアップを行ってから新機種にデータを復元する作業が必要なんです。
データのバックアップは時間がかかり、中には1日がかりでバックアップを取ったという人もいますので、機種変更してから
バックアップを取ると新しいスマホを使い始めるまでに時間がかかってしまうんですよね。

また、機種変更時に古い機種を下取りしてくれるプログラムもあります。利用したい場合は、手続き時に旧機種を引き渡す
必要があるのですが、バックアップがまだだと渡せないですよね。
ですので、機種変更をする前には必ず、データのバックアップを取っておきましょう。

また、使用しているアプリによっては、アプリ毎に機種変更時の引継ぎ作業が発生する場合があります。引継ぎは
窓口では一切やってもらえないので、注意しておきましょうね。

機種変更に印鑑は必要なの?

「機種変更の際に必要なもの」というイメージが強い印鑑。確かに賃貸契約など、書面に印鑑を押さなければならない
シーンが多いですよね。しかし、ドコモの機種変更の場合は、結論から言うと印鑑は必要ありません。窓口、
ドコモオンラインショップどちらも印鑑は無くて大丈夫です。
窓口の場合は、書類に署名し、身分証明書の提示を求められることがあります。

クレジットカードは機種変更に必要なの?

クレジットカードを持っていない人もいるでしょう。ドコモの機種変更でクレジットカードが必要かどうかは
気になるところですよね。

結論から言うと、クレジットカードが無くても機種変更をすることは可能です。
機種変更時に新機種を一括払いで購入する場合、店頭での手続きだと現金もしくはクレジットカードでの支払いとなります。
また、ドコモオンラインショップでの手続きだと、代金引換払いもしくはクレジットカードでの支払いです。

クレジットカードを持っていない人が新機種を一括で購入する場合は、店頭の場合は現金を、オンラインで手続きした
場合は商品受け取り時に支払う現金を用意しておけば大丈夫です。

一括購入の場合、スマホの本体代金が数万円と高額な支払いになります。最新のiPhoneだと10万円超えの価格も
ありますので、現金払いにする人は事前に値段を確認しておくと安心ですね。

「やっぱり高額な現金を持ち歩きたくない・・・」そう思う人もいるかもしれませんね。
そして、クレジットカードをこの機会に作ろうかなと思っている人には、dカード GOLDが断然おススメです!
ドコモのスマホの支払いにdカード GOLDを指定すればポイントが10%分貯まりますし、新機種に最長3年間、最大で
10万円分の補償サービスを付けることもできます。

その他特典も多いクレジットカードですので、ぜひこの機会に1枚作ってはいかがでしょうか?

機種変更の手数料はいくらくらいかかる?

機種変更にかかる手数料は、窓口とドコモオンラインショップでは大きく異なります。

窓口で手続きをした場合、まず新機種の頭金を窓口で当日支払う必要があります。頭金は機種によって異なりますが、
2,000円~10,000円程度です。この「頭金」、実は、いわゆるローンの頭金のように支払額に充填されるものではありません。
実質、ドコモに余計な手数料を支払っているようなもんなんですよね。

そして、機種変更の事務手数料が別途かかります。窓口での手続きの場合、2,000円です。事務手数料は、次回の
携帯電話料金の請求時に一緒に引き落としとなります。ですので、窓口で支払う必要は基本的にはありません。

ですので、窓口で機種変更をする場合、新機種の本体価格以外に「頭金」と「事務手数料」がかかることを覚えて
おくとよいでしょう。

ちなみに、ドコモオンラインショップの場合は「頭金」「事務手数料」がまったくかかりません!つまり、1万円前後
窓口で手続きするよりも安くできるというわけなんです。
少しでも価格を抑えたい場合は、断然ドコモオンラインショップの手続きがおススメですね!

法人契約の機種変更の手順とは

ドコモのスマホを会社貸与(法人契約)で使っている人もいると思います。
その場合の機種変更の手続きには、窓口の場合以下のものが必要になります。

・来店した人の「本人確認書類」
・来店した人の「在籍確認書類(名刺・保険証)」
・法人印

手続きする際は、必ず法人の印鑑が必要です。来店する人は印鑑の持ち出し手続きなど確認しておきましょう。
また、法人契約であっても、ドコモオンラインショップでの機種変更が可能です。
その際、「My docomo」への事前登録が必要です。

本人以外の機種変更の手続きは可能か?

機種変更したいが、どうしても本人が店舗に行くことができない場合もありますよね。ドコモオンラインショップで
手続きすればいいのでは?と思いますが、オンラインの手続きが苦手、不安だという人もいますよね。

そんな人は、代理人に手続きを進めてもらうことが可能です。
代理人の手続きの場合は、「契約者」と「代理人」の両方の本人確認書類が必要です。なので、手続きする代理人の方は
必ず「契約者の本人確認書類」を準備して持っていくようにしましょうね。

また、代理人手続きの場合に必ず必要なのが「委任状」です。NTTドコモの公式ホームページ内で委任状のダウンロードが
できますので、確認・印刷の上準備して持参しましょうね!

代理人の手続きの場合、契約者本人の確認書類が忘れがちです。ぜひ二度手間にならないようにしっかり
準備しておきましょうね!

子供のケータイを機種変更する場合は?

子供の携帯電話の機種変更をする場合、注意が必要なのが「名義」です。
子供の携帯電話の名義を親名義で契約している人もいるでしょう。その場合、機種変更時には
「名義人(親)の本人確認書類」が必要です。ただし、名義が子供本人の場合は、以下の書類が必要です。

・子供の本人確認書類
・委任状
・来店する人の本人確認書類

つまり、子供の携帯電話であっても、子供本人の委任状が無い限り親が勝手に手続きをすることはできないと
いうことなんですね。

機種変更をお得にできる裏技とは!?

いざ機種変更をしよう!と考えた時、やはり「少しでも安く、お得に機種変更」できたら嬉しいですよね。
ここでは、機種変更をお得にできる裏技を3つ、紹介します!これを抑えるだけで、窓口で手続きするよりも数万円
お得に機種変更できるかもしれませんよ。ぜひ参考にして、お得に機種変更してくださいね。

手続きは窓口ではなく「ドコモオンラインショップ」

先述しましたが、窓口での手続きの場合、頭金や事務手数料が発生します。ドコモオンラインショップではこれらが
一切かかりませんので、その分お得に機種変更ができますよね。

また、得なのはお金の面だけではありません。窓口での手続きの場合、時間や曜日によってはかなり待ち時間が発生して
しまいますよね。しかし、ドコモオンラインショップの場合は、最短で10分程度で手続きが完了してしまいます。
時間の無駄がなく、待ち時間によるストレスが無いのもオンライン手続きの最大のメリットですよね。

忙しい人、時間が取れない人だけではなく、ドコモオンラインショップはおススメです。

機種変更時こそ、料金プランを見直すチャンス!

スマホの料金、毎月きっちりとチェックしている人はどれくらいいるでしょうか?ズボラな私は、自分の加入している
料金プランも、月々の支払額も把握しておらず、非常に勿体ない事をしていました。特に、今は昔と違って紙の請求書が
届かないため、毎月いくらかかっているか確認するチャンスも少ないんですよね。

料金プランは、見直してみると意外と無駄が発生していることが多いです。私の場合、契約時には電話(通話)をよく
利用していたのでカケホーダイプランがピッタリだったのですが、その後通話の機会がぐんと減ってしまっていたのに、
そのままプランは変えずにいたんですよね。

そこで、機種変更時にシンプルプランに変えた所、スマホの料金が月々2,000円近くも減ったんです!
裏を返せば、今まで毎月2,000円程無駄に支払っていたという事ですよね。非常に勿体ないです!

ライフスタイルが変わっても、スマホの料金プランをこまめに見直す人は少ないと思います。ですので、
機種変更の時が料金見直しの最大のチャンスなんですよね!

機種変更で使えるキャンペーンをたくさん利用しよう!

ドコモには、機種変更時に利用できるお得なキャンペーンがたくさんあります。該当するものはできるだけ
使ってお得に機種変更しましょう!

代表的なものですと、「家族まとめて割」「ドコモ光割」「学割」などがあります。私も、機種変更をきっかけに
インターネットもドコモの「ドコモ光」に変えました。これにより通信費が抑えられただけではなく、
「ドコモ光割」で割引を受けることができたんです。

お得なキャンペーンは、随時変わっていきます。公式ホームページや窓口のパンフレットで確認ができますので、
こまめにチェックして利用してくださいね。

-機種変更

Copyright© ドコモユーザが得するdカードのオキテ , 2018 All Rights Reserved.