機種変更

ドコモの機種変更に伴うデータ移行の方法とポイントとは?

投稿日:

ドコモでの機種変更、データ移行はどうやってすればいいの?

スマホの機種変更をする時に、最も大変なのが「データの移行」ですよね。
ガラケーの時代は、機種変更の手続きをショップですれば、そのタイミングで同時にデータ移行もしてくれました。
しかし、スマホはそうはいきませんよね。自分でデータ移行をしなければならず、面倒に感じる人も多いでしょう。

また、データ移行と一言で言ってもどのデータを移すのか、どんな手法を取るのかは様々です。機械の操作に
詳しくない人や、機種変更を頻繁にしない人にとっては、データ移行は不慣れで大変な作業ですよね。

そこで、この記事では、ドコモのスマホについて機種変更時のデータ移行の方法を調べてまとめてみました。
アカウントを使って簡単にできる方法や、アプリでサクッとできる方法などご紹介しますので、
自分に合った方法を取り入れてみてくださいね。

データ移行を始める前に「バックアップ」は必須

データ移行を行う前に、とっても大事なのが「旧機種のデータのバックアップをしておく」という事です。
データを移す際に、機械のトラブル等によりデータ移行が失敗してしまうことはよく起こります。その際、
バックアップを取っておけば簡単にデータを復元することは可能です。しかし、バックアップが無いと
最悪データが全て消えてしまう事になります。

登録していた電話帳、メールやメモ、アプリなど全て消えてしまうことで、誰とも音信不通になってしまう・・・
なんてことにもなりかねません。ぜひ、データ移行の作業前には必ずバックアップを取っておきましょう。
もし故障して自分でバックアップが取れない場合は、修理屋さんなど専門家にデータ復元をしてもらうことがおススメです。

また、日常でも、こまめにバックアップを取っておくことはとても大事ですよね。スマホが故障してしまうと、
データが消去することだってあります。クラウドに同期しておく操作も、こまめに行うのがおススメですよ。

バックアップの方法も様々

バックアップの取り方は、主に「スマホの外にデータを移しておく」というのが主流です。データの移し先は
microSDやパソコン、クラウドなど様々です。また、スマホに最初から組み込まれているバックアップアプリを
使うのも一つの手です。

最近では、バックアップ専用のアプリも登場していますので、ダウンロードして利用するのもおススメですね。
特にクラウドやアプリは、SDやパソコンのように機器の故障でデータが無くなる心配がないので、特に人気が出てきます。
操作も簡単なものが多いので、自分に合うものを使ってバックアップを取るようにしましょうね。

データ移行で移せるデータの種類は方法によって異なる

さて、バックアップが取れたら、いよいよデータ移行です。
スマホには、様々なデータが入っています。一口に「データ移行」と言っても、簡単に移せるデータから、手間が
かかるものまで色々。なので、旧機種のデータや設定を全て新機種へ移行する場合は、一つの方法ではなく
複数の方法を使うことが大事です。

データ移行の方法、おススメはどんな方法なの?

それでは、早速データ移行の種類をご紹介していきましょう!

ドコモショップでデータ移行をするなら「DOCOPY」

「自分だけでデータ移行をするのは怖い」「操作が不安なので誰かにアドバイスを欲しい」という人におすすめなのが、
ドコモショップでのデータ移行です。ドコモショップには、「DOCOPY」というデータ移行専用の端末がほとんど全店に
設置されています。DOCOPYを使えば、ドコモの機種のほとんどがデータ移行をすることができます。

DOCOPYで移行できるデータは、「電話帳」「メール」「写真・動画」の基本的なデータのみです。一方、アプリ内の
個別データや、メモ帳・カレンダーなどの端末独自のデータは移行できません。これらは別途移行作業が必要になります。

個人情報保護の観点から、ドコモショップであっても店員さんが操作そのものをしてくれることはありません。
ただ、困った時にアドバイスを貰えるので、一人で作業するのが不安な方にはピッタリだと思います。

また、DOCOPYはデータをDVDやCDなどの外部メディアにバックアップすることも可能です。なので、
バックアップを外部メディアに取っておきたいという人もDOCOPYがおススメですね。

DOCOPYはドコモショップに設置されていますので、空いていればすぐに操作ができます。ただし、前に
誰かが使用しているなど混み合っている場合は時間がかかることがありますので、余裕を持っていくと
いいかなと思います。

「ドコモデータコピーアプリ」はスピーディーさがメリット

ドコモが提供している「ドコモデータコピーアプリ」がデータ移行におススメです。
このアプリは、旧機種と新機種で同じアプリを操作するだけで簡単にデータ移行ができ、操作も簡単なので
不安な人にもおススメです。

ドコモデータコピーアプリは、クラウドのように一度どこかにデータを移す方法ではありません。旧機種と新機種を
Wi-Fiで直接繋いで、データを移行する方法です。

クラウド経由だと、一度データをバックアップするのに非常に時間がかかります。その点、ドコモデータコピーアプリは
どこも経由しない分データ移行が早く、サクサクと移行操作が完了できます。また、大容量のデータ移行も通信データを
利用しないため、通信量を気にせず移行操作ができるので安心です。

なので、移行したいデータ量が多い人、特に写真や動画、音楽データが大量にある人には
ドコモデータコピーアプリは最もおススメです。

ドコモデータコピーアプリは、旧機種・新機種ともに比較的新しく、アプリが利用できる場合の機種変更に
とっても有効な手段です。

ただし、注意点があります。ドコモデータコピーアプリは直接データを移行するため、バックアップ機能があっても
データが消えてなくなる可能性もあります。また、アプリ上での操作ミスで新機種→旧機種と誤ってデータ移行の
操作をしてしまい、完全に旧機種のデータが無くなってしまった・・・という人もいるようです。

ですので、ドコモデータコピーアプリを使う前には、microSDやCD、DVDやクラウドなど別の場所にバックアップを
取っておくのがいいですね。
アプリの操作ミスで全部消えてしまったら、ショックで落ち込んで立ち直れませんよね。

Googleサービスのデータ移行はGアカウントの同期で行う

GmailやGoogle Chromeなどは全て「Googleアカウント」と紐づいています。そのため、旧機種で使っていた
アカウントで新機種にログインできれば、そのままデータも引き継ぐことが可能です。

Googleアカウントを使って移行できるのは、基本的に「Googleアカウントに紐づいているアプリのデータ」です。
具体的には、電話帳やGmail、Googleカレンダーやフォト、Chromeのブックマークなどです。

Googleアカウントを使ったデータ移行がおススメなのは、写真や動画のデータが多い人です。
Googleアカウントを使ったデータ移行は、まず旧機種のデータを全てGoogleが管理するクラウド上に保管します。
クラウド上にバックアップされるので、旧機種が壊れてしまったとしてもデータはクラウドにあり安心ですよね。

また、Googleアカウントを使っている人は、こまめに同期をしておくと、いざ機種変更の際にバックアップに
時間がかからずスムーズにデータ移行ができますよ。

注意点としては、バックアップ時にデータ量が多いとスマホの通信量を一気に使ってしまうことになります。
Wi-Fiの環境がある場所などで同期するのがおススメですよ。

つまり、Googleアカウントを持っている人は、普段からこまめにクラウド上にデータを同期しておくことが重要です。
こうすることで、いざ機種変更した際にデータ移行がとてもスムーズにできますよ。

また、Googleアカウントのデータ移行のメリットは、圧縮を許可すればデータ量が無制限で保管してくれる点です。
他のクラウドサービスは無料だと上限があったりするので、無料で無制限はとても嬉しいですよね。
写真や動画が多くてデータ量が多い人にとっては、Googleアカウントでのデータ移行はおススメです!

dアカウントを利用してデータ移行もできる

ドコモの「dアカウント」を使ってデータ移行する際は、ドコモの「電話帳」と「ドコモメール」の情報のみです。
アプリや写真などのデータは移行できません。
また、iPhoneの場合はdアカウントで電話帳を読み込めないため、移行ができない仕組みになっています。

このように、dアカウントのデータ移行はあまりおススメできません。
androidスマホのユーザーで、電話帳とdメールさえ移せればOKという人であればいいかな、という感じです。

データ移行で注意する点

データ移行の操作方法を、おススメしたい理由とともにご紹介してきました。いずれも、操作自体は簡単なので、
慣れないという人にとってもやりやすいのではないかと思います。
ただし、データ移行をする上で気を付けたいことが3点あります。

データ移行中はスマホを触らないのがベスト

データ移行中は、できればスマホ操作は避けて置いておくのがいいでしょう。なぜなら、操作によって突然電源が
切れたり画面が変わってしまう事で、データ通信が途切れて以降失敗となるケースがあるからです。

データが途中で移行ストップしてしまうと、不完全なデータがゴミとなり新機種に残ってしまうことになります。
このゴミデータが容量を圧迫してしまい、再度データ移行をしようとしてできなくなる、というケースがあるようです。

もしデータ移行が途中で止まってしまったら、以前の移行したデータは削除して一からやり直すのがいいかもしれません。
なので、できればデータ移行中は通信の安定した場所で、中断しないように操作を控えるのがベストです。

電子マネーやLINEは個別の移行手続きが必要

上記でご紹介したデータ移行の方法で、ほとんどのデータが移行できます。しかし、LINEのメッセージ履歴やスタンプ、
あるいはApple PayやiDなどの電子マネーのデータはご紹介した方法では移行ができません。アプリ上で個別に
引き継ぎ操作を行う必要があります。

代表的なアプリの移行方法は、機種変更時に店頭あるいは郵送でもらえるパンフレットに書いてあります。
パンフレット通り画面操作をすれば簡単にできますので、自分が必要だと思うデータはしっかりと個別に移行操作をしましょう。

データ移行でデータが劣化してしまうことがある

「データ移行」といっても、データをそのまま物理的に「移す」わけではありません。旧機種のデータを新機種へ
「コピー」するというイメージのほうが分かりやすいでしょう。そのため、データそのものがオリジナルよりも
劣化してしまったり、あるいは正しくコピーされないというリスクも当然あります。

データ移行が無事に終了した!と思っても、喜ぶのは早いです。後日、見てみたらデータの一部が消えていた、
移行できていなかった、ということはよくあります。ですので、移行後も旧機種のデータはバックアップを
残しておきましょう。

旧機種を下取りに出したりドコモへ回収される人は特に、バックアップデータがあるメディアやクラウドを
確認しておくと安心かもしれませんね。

機種変更時のデータ移行は、思ったよりも簡単にできる!

いかがでしたか?
データ移行を自分でするのは手間、不安という人も、この記事を読んで「案外簡単にできそう」と思ってもらえたら嬉しいです。
ぜひ自分に合った方法で、新機種にデータを移行して新しいスマホを使いこなしてくださいね!

機種変更するならドコモオンラインショップがおススメの理由

いざ機種変更しようと思ったら、どこで機種変更をしますか?ドコモショップや家電量販店など店頭で行う人も
多いでしょう。しかし、実は「ドコモオンラインショップ」で機種変更をするのが最もお得ということをご存知でしたでしょうか?

機種変更をドコモショップなどの店頭窓口で行うと、実は新機種の機種代金以外に「頭金」や「事務手数料」といった
費用が発生します。これらは、機種代金に充当されるわけではなく、別途かかってくるんですよね。それが、
ドコモオンラインショップで手続きすれば、頭金も事務手数料もかかりません。純粋に機種代金のみで手続きできるんです。

また、ドコモショップなどの窓口は、割と常に混雑していて待ち時間が長いイメージですよね。機種変更するのに
訪問してから終わりまで3時間かかった、なんて声も聞いた事があります。私は0歳の赤ちゃんを連れて行って機種変更し、
終わるまでに2時間かかって疲れ切った記憶があります。

でも、ドコモオンラインショップで機種変更をすれば、入力操作のみで10分程度で終わるんです!忙しい人や
店頭に行く時間がない人にとっては、時間短縮はありがたいですよね。

なので、お金の面でも時間の面でも、機種変更の手続きは「ドコモオンラインショップ」がおススメですよ!

-機種変更

Copyright© ドコモユーザが得するdカードのオキテ , 2018 All Rights Reserved.