dカード

DCMXからdカードへの切り替えにメリットはある?dポイントやカード番号は?

投稿日:

DCMXからdカードへの切り替えって必要?何が変わるの?

現在、ドコモのクレジットカードは「dカード」が提供されています。しかし、2015年以前は「DCMX」で、
現在もまだ使っている人がいます。

DCMXは有効期限まで利用することが可能です。しかし、dカードへ切り替えることも可能です。
DCMXのユーザーとしては、dカードとDCMXの違いや、切り替えることのメリットなどはとても気になりますよね。
そもそも、同じクレジットカードなのに何が変わったのか、知りたい人も多いと思います。

そこで、この記事ではDCMXからdカードへの切り替えについて、一つずつ解説していきます。

dカードとDCMXの違いとは?

DCMXは、2006年にドコモが開始したクレジットカードのサービスです。DCMXの限度額は20万円以上の、一般的な
クレジットカードです。VISAとマスターカードの2種類から選択が可能でした。

一方、dカードは2015年から提供が開始されたドコモのクレジットカードサービスです。DCMXの次世代という位置づけで、
dカードの開始後はDCMXの新規申込が停止となりました。

DCMXもdカードも、一般的なクレジットカードという点では大きな差はありません。いずれも年会費が無料で、
電子マネーの「iD」が利用できます。
一方、大きな違いとしては、ドコモのポイントサービス「dポイント」がDCMXでは連携できないという点です。

以前は、DCMXではドコモポイントと連携していました。しかし、ドコモポイントもdポイントに移行したため、現在では
dポイントサービスが主流となっています。dポイントはドコモの携帯の機種変更時に利用できる以外にも、コンビニや
ファストフードで貯めたり利用できる優れものです。なので、dポイントが貯めたいという人がDCMXからdカードに
切り替えをすることが多いです。

また、DCMXはドコモの携帯電話やスマホユーザー、つまりドコモの契約者しか申し込みができませんでした。
しかし、dカードはドコモユーザー以外でも申し込みができます。この点も大きな違いですね。

DCMXは新規入会が終了。更新時に自動でdカードへ

先述した通り、DCMXの新規申し込みはすでに終了しています。
ただ、まだ手元にDCMXを持っている人は、更新のタイミングまでは引き続きDCMXを利用することが可能です。
ただし、更新のタイミングで継続した場合は、自動的にdカードへ切り替わっていきます。

dカードとdポイントカードの違いは?

dポイントを貯めるためには、ポイントカードの発行が必要です。
このポイントカードには、実は3種類のカードがあるんです。

クレジット機能がなく、入会審査も不要なのが「dポイントカード」。誰でも簡単に作ることができます。また、クレジット機能が
ついているのが「dカード」。こちらはdポイントカードと同じく年会費無料ですが、18歳以上の一定の収入がある人というように
入会条件もあり、審査があります。さらには、dカードのゴールドカードとして「dカード GOLD」があります。

3種類のカードは、いずれもdポイントの加盟店で提示することで、dポイントを貯めることができます。また、貯めた
ポイントを使ってショッピングや携帯の機種変更の代金に利用することも可能です。

一方、dカードやdカード GOLDは、提示してポイントを貰えるだけではなく、クレジット決済を使うことでさらに
ポイントを貰うことができます。

DCMXには、dポイントの機能がありません。ですので、dポイントを貯めたい場合は別途dポイントカードを持っている
必要がありました。一方、dカードは1枚でクレジット機能とポイントサービス機能が備わっているので、複数枚カードを
持つ必要がないというわけです。

また、ドコモユーザーの場合は、DCMX以外のクレジットカードしか持つことができませんでした。しかし、dカードに
することで、一本化してdポイントを効率よく貯めることができるようになりました。dカードはドコモユーザー以外にも
メリットの多いクレジットカードということですね。

DCMXを長年使っている人は特に、カードの切り替えと聞くと面倒だと考えがちです。「手続きも手間がかかるんでしょう?」
「切り替えるとカードが変わってしまって不安」などの声もよく聞きます。しかし、DCMXからdカードへの切り替えによって、
dポイントも貯めることができますし、基本的なクレジットの機能は2つとも同じです。なので、安心して切り替えて
もらって大丈夫かなと、私は思います。

DCMXからdカードへ切り替えると番号は変わるのか?

しかし、実際にDCMXからdカードへ切り替えるとします。すると、まず心配なのが、カード番号が変わってしまうのでは?と
いう点ですよね。特に、DCMXを月々の光熱費や通信費の自動引き落としに使っている人は、カード番号が変わると
いちいち手続きが面倒になりますよね。

実は、そのような心配はご無用です!DCMXからdカードへの切り替えは、原則としてカード番号の変更がありません。
ですので、各種引き落としの変更手続きは不要ということになります。

しかし、注意が必要なのはグレードが異なるカードに切り替える場合です。
例えば、DCMXからdカードへの変更は、同じグレード(一般的なクレジットカード)なので問題はありません。しかし、
DCMXからdカード GOLDに変更する場合は、ゴールドカードへのグレードアップになります。よって、この場合は
カード番号が変更になります。

切り替え時にカードブランドの変更はできる?

こちらは、残念ながらできません。VISAのDCMXであればVISAのdカード、MasterCardのDCMXであればMasterCardの
dカードへと変更になります。ブランドをどうしても変えたい場合は、dカードへ一から申し込みとなります。
この場合、当然審査が必要になり、発行までに時間がかかります。

ETCカードは切り替えが必要?

DCMX やdカードには、ETCカードの契約がオプションでついています。契約して利用している人も多いでしょう。

DCMXからdカードへ切り替えた場合、ETCカードは特に変更手続きはありません。今使っているカードをそのまま
続けて利用することが可能です。また、dカードの窓口でも切り替えの手続きは受け付けていません。
主カードのみの変更手続きで済むので、とても助かりますよね!

なお、ETCカードは、本カードと同様、有効期限の更新のタイミングで新しいETCカードが自宅に届きます。

家族カードの切り替えは必要?

DCMXの家族カードを作っている場合、家族カードも切り替えが必要かどうか気になりますよね?
結論から申しますと、家族カードは切り替えなくても有効期限まで利用が可能です。
本会員のカード同様、更新時期まで継続して利用した場合は、次回更新時にdカードの家族カードに自動的に切り替わります。

ただし、本カード同様、家族カードもDCMXの場合はdポイントを貯める機能がありません。ですので、家族の利用分も
dポイントを貯めたいということであれば、本カードと同じタイミングでdカードへ切り替えるのがおススメです。

また、本カードのみをDCMXからdカードに切り替えた場合、切り替え時に家族カードとの利用登録が外れてしまうケースがあります。
もし、本カードのみを切り替えた場合は、元々持っているDCMXの家族カードが新しいdカードの本カードと連携しているか、
確認する必要があります。万が一紐づけができていなければ、ポイントの還元で損をする可能性もあるんですね。

ですので、私は家族カードを持っているケースは、全てのDCMXを、同じタイミングでdカードへ切り替えることを
おススメしています。その方が手間はかかりますが、切り替え忘れることもありませんし、何よりdポイントを効率よく
貯めることができるようになるのでおススメです。

絶対にDCMXの家族カードがいい!というケース以外は、一緒に変えてしまうのが良いですね!

DCMXからdカードへの切り替え方法は?

では、実際にDCMXをdカードに切り替える方法をご紹介しますね。

ネットで手続き

最も簡単なのは、インターネット上での手続きです。
dカードの公式ページ上で手続きが可能です。必要項目を入力して完了すれば、後日dカードが手元に郵送で届きます。

PCでも操作は可能ですが、スマートフォンの方がより簡単です。DCMXに紐づけしているスマホで「dカード」のサイトを
開いてみてください。その中にある「dカードへ切り替え」を押し、画面進めていきます。規約や内容を確認し、
申し込みが完了。2、3分で操作ができるので、とっても簡単です。

注意点としては、spモード経由でインターネットを操作する必要があるという点です。Wi-Fi経由では操作できないので、
注意してくださいね。

店頭(ドコモショップ)で手続き

インターネット上での操作が不安な人は、ドコモショップでも手続きすることが可能です。最寄のドコモショップに
カードを持っていくと、スタッフが手続きをしてくれます。ドコモショップは待ち時間が長いケースがありますので、
急ぐ人や子供連れで待ち時間を短縮したい人にはネット手続きがおススメですよ。

dカードに切り替えたら「dポイントカード」を連携しよう!

無事dカードへの切り替えが済んだ場合、最後にもう1つだけ重要な手続きがあります。それは、DCMXと一緒に
持っていたdポイントカードの紐づけです。紐づけをすることで、今までdポイントカードで貯まっていたdポイントを
そのままdカードへ移行することが可能です。そして、今までDCMXとdポイントカードの2枚持っていた人は、
dカード1枚にその役割が集約されて便利になるというわけです。

連携手続きはとっても簡単です。dカードのサイトで、dカードの利用者情報登録をする際に、お手持ちの
dポイントカード番号を登録すればOKです。
手続きも簡単なので、ぜひdカードが届いたら忘れないうちに手続きしておきましょう!

DCMX→dカード、お得な切り替えキャンペーンは?

DCMXを現在利用している人であれば、ドコモショップなどで一度は「dカードへの切り替えがおススメです!」と
声をかけられたことがあるのではないでしょうか?実際、ドコモではDCMXからdカードへの切り替えを
おススメしています。

しかし、残念ながらDCMXからdカードへの切り替えに関して、何か特別なキャンペーンは行っていないようです。
また、dカードからdカード GOLDへのアップグレードで特典がある時期もありますが、こちらもDCMXからの
切り替えは無関係のようです。

結局、DCMXからdカードへサービスが移行したのに伴い、ドコモとしてはDCMXを早く終了し
dカード一本にしたいという感じなのでしょう。しかし、ユーザーとしてはキャンペーンが無ければ
急ぐ必要はあまりないですよね。

とはいえ、先述した通り、dカードに切り替えることで、DCMXでは貯められなかったdポイントがdカードで
貯めることができるようになりますし、ポイントカードも不要になるというメリットもあります。ですので、
余程DCMXじゃないと嫌だ!というケース以外は、私はdカードへ切り替えるのがおススメかなと思います。

また、切り替えのタイミングでクレジットカードのグレードを上げたい、という人もいるでしょう。その場合は、
断然dカード GOLDがおすすめです。

現在は、dカード GOLDの入会キャンペーンは新規で申し込みの人に限られています。アップグレードの場合は
対象外とのことです。アップグレードでもカード番号は変わってしまいますので、もしdカード GOLDを
検討しているのであれば、dカード GOLDに新規申し込みするのが一番お得かもしれませんね。

まとめ

DCMXの利用者にとってみれば、dカードというサービスができて以来、どんどん影が薄れてしまって淋しいと
感じている人もいるでしょう。特に、DCMXを未だに使っているということは、少なくとも3年以上、長い人ならもっと
使い続けているということですよね。当然、カードそのものにもサービスにも愛情が湧いているかもしれません。

一方で、dカードやdポイントという、新しいサービスもどんどんと広がりを見せています。これらは、今後も
拡大するでしょうし、ドコモとしても広げていきたいと考えているはずです。

これからは、DCMXよりもdカードの時代です。そして、dカードはDCMXには無かったお得なサービスや特典が
どんどん増えていく事が予想されます。

長年の愛用者にとっては少々淋しい話ではありますが、ここはドコモのサービスを最大限に利用するのがお得ですし、
思い切ってdカードへの切り替えを検討してもいいと思います。

dカードもdカード GOLDも、始まった頃は各種キャンペーンが豊富でした。やはり、加入者数を増やしたかったのだと
思います。しかし、最近では加入者の数も一定まで増えたのでしょうか。キャンペーンも減っている傾向にあります。
ですので、切り替えようかな、グレードアップしようかな、と迷っている人にとっては今がチャンスかもしれません。

ぜひ、前向きに検討してみてくださいね。

-dカード

Copyright© ドコモユーザが得するdカードのオキテ , 2019 All Rights Reserved.