dカード

dカードの「iD払い」と「クレジットカード払い」の違いは何?賢く使う方法とは

投稿日:

お買い物で選べる「iD払い」と「クレジットカード払い」。どう違うの?

ドコモの「dカード」には、iD払いとクレジットカード払いの2つの決済方法があります。
どちらも同じように現金要らずでお買い物できるというものですが、実際に使うにあたって違いやメリットは
気になりますよね?どうせ使うなら、少しでもお得に利用したいと思う人も多いでしょう。

そこで、この記事では、dカードのiD払いとクレジットカード払いの違いやそれぞれのメリットなどをご紹介していきます。

結論としては、iD払いもクレジットカード払いも大きな差はないですが、ちょっとした工夫でメリットが増えるので、
この記事を読んで賢く使い分けてもらえたらと思います。

また、dカードをまだ持っていない人は、この記事を参考にしてもらって、ぜひdカードを早めに手に入れて欲しいです。
iD払いとクレジットカード払い、それぞれお得ですから。

dカードは「iD」とクレジットカード機能が両方付いている

dカードは、ドコモが発行しているクレジットカードです。
一般的なクレジットカードと同様、ショッピングでの決済や水道光熱費の支払いなどに利用できます。もちろん、
携帯電話料金の支払いなどにも利用でき、年会費も無料のため最近は保有している人が増えてきています。

dカードには、クレジット機能のほかに「iD」という機能が備わっており、「クレジット機能」と「iD」機能の2つの
サービスを受けることができます。つまり、dカードは「iD機能が備わった、年会費無料のクレジットカード」ということです。

ちなみに、dカードには、同じくiD機能が備わったゴールドカードの「dカード GOLD」や、入会審査が不要で事前に
チャージした分のみクレジット決済やiD決済ができる「dカード プリペイド」、そしてスマホで設定してiD利用できる
「dカード mini」があります。
この記事では、「dカード」に絞って、情報をご紹介しますね。

「iD」はドコモが提供している「電子マネー」

では、iDとは何か。簡単に言うと、ドコモが三井住友カードと共同開発した「後払い式電子マネー」の事です。

電子マネーには、Suicaやnanacoなど有名なものがあります。これらのほとんどは、先にカードに入金をし、入っている分
だけ電子マネーとして決済時に利用できる「先払い」式の電子マネーです。いわゆる、「チャージ」が事前に必要ですよね。
一方、iDは後払い方式なので、先に入金の処理をする必要はありません。利用した分だけ後日請求される方式です。

iDの最大のメリットは、後払いのため利用したい時にすぐ使えるという点です。「チャージし忘れてお金がない!」という事は
まず起こりません。また、先払いの場合は一度入金してしまうと、返金処理で現金に再度することは基本的にできません。
入れた分使わないと損してしまいますよね。でも、iDにはそれがないので、楽に使えます。

一方、クレジットカード払いとは?

さて、多くの人が普段利用しているであろう「クレジットカード」。改めてどのような仕組みか分かりますか?

クレジットカード払いも、iDと同じく「後払い」の決済方法の1つです。しかし、その仕組みは違っています。
クレジットカードは、カード運営会社と使用する人(カード会員)の間で契約を交わし、後払いによる決済で買い物や支払を
するためのカードのことです。

つまり、クレジットカードは事前に契約を交わした人が買い物などの支払の際に使うことができます。利用することで、
発生する金額は一旦運営会社が立て替えてくれるのです。
そして、後日会員に請求されますので、期日までに支払をするという仕組みなんですね。

クレジットカードのメリットは、手元に大きな金額の現金がなくても決済ができるということです。そのため、
入会の審査では、きちんと決済したお金を後日返済できるかの支払能力を中心に見られることとなります。過去に
滞納を繰り返した場合は、事故情報として個人情報の信用機関に記録されます。

iDとクレジットカード、同じところは?

どちらも同じ「後払い」

iD支払もクレジットカード支払も同じく、後払い方式です。手元に現金がなくてもお買い物がすぐにできると
いう点では、同じです。

請求はdカード利用料と同じタイミング

また、iD払いを利用した場合、支払った金額の請求はdカード(クレジットカード)と同じタイミングで発生します。
ですので、あるお買い物でiD払いにしてもクレジットカード払いにしても、引き落としが発生するのは同じタイミングと
いうことになります。

dカードの利用であればdポイントが付与される

また、dカードのメリットの1つに、利用額に応じてdポイントが付与されるサービスがあります。dポイントは
1ポイント1円として、ドコモの携帯電話料金の支払いに充てたり、機種変更時に利用することが可能です。
dカードにはiD機能とクレジット機能がありますが、支払時どちらを選んでもdポイントは付与されます。

iDとクレジットカードの違い

同じ「後払い」でも利用できる場所が異なる

しかし、iD払いとクレジットカード払いにも、違いはあります。1つは、利用できる場所がそれぞれ異なる点です。
クレジットカード払いができる場所は、カード運営会社と提携している店舗やネット等に限ります。同じく、iD支払も、
ドコモが提携している場所でしか利用できません。

iD払いができる店舗の加入が進み、今ではコンビニを始め多くの場所で利用することができます。しかし、まだまだ
iD決済が普及していない場所では、決済方法を選ぶことができない場合もあります。

利用方法が異なる

そして、大きな違いは決済時の手間のかかり方です。特に、店舗でのショッピングの際に、iD支払と
クレジットカード支払では違ってきます。

クレジットカード払いの場合は、店舗にあるカード読み取り機にカードを通し、暗証番号の入力あるいはサインの記入が
求められます。このため、レジで入力やサインの手間が発生したり、確認の通信に時間が少々かかることもあります。
一方、iDは電子マネーなので、設定さえできていれば読み取り機にかざすとすぐに決済処理が進みます。数秒でピッと
できてしまうので、片手でとても簡単ですよね。

dカードのiDは、スマホのおサイフケータイとして設定していればスマホをかざすだけで決済ができますし、カードが
お財布やスマホケースに入っていても多少の障害物であれば読み取りができる優れものです。
このように、クレジットカード払いに比べてiDの方が簡単に短時間で決済ができるというイメージですよね。

iDの使い方

では、実際にiD払いを使う前に、どのようにすれば利用できるかお伝えしておきますね。
使い方は大きく分けて2種類あります。

dカード GOLDやdカードを端末にかざす

1つは、iD払いの機能が搭載されている「dカード」をそのまま使う方法です。店舗のレジでiD払いの希望を伝えると、
電子マネーの読み取り機が提示されます。そこにdカードを直接かざすのみ。これで、電子マネー決済の処理が進みます。

スマホや携帯電話に設定をする

もう1つは、スマホや携帯電話にdカードの「iD」情報を登録設定しておく方法です。スマホ内のおサイフケータイの
アプリにお持ちのdカード情報を登録すれば、お手持ちのスマホや携帯電話がおサイフケータイとして利用できるようになります。
事前にこの設定をしておくことで、レジで決済時にはスマホを読み取り機にかざすのみでOKになります。

事前の設定が必要にはなりますが、クレジットカードを財布から取り出す手間も必要なく簡単に決済ができるのでとても
楽です。また、アプリで利用履歴の管理ができるのも便利ですよ!

Apple Payならさらに便利!

dカードはApple Payにも対応しているので、iPhoneでもiD払いとして利用することができます!以前はiPhoneでは
一切使えず、androidのみの利用でした。Apple Payの導入により、iD払いの利用者が一気に増えたのは記憶に新しいところです。

Apple Payの設定ができていれば、お財布がなくても買い物ができます。万が一お財布を忘れて現金がないような時も、
何とかなりますよね。最近では電子マネーに対応している店舗も増え、大型ショッピングモールから身近なコンビニまで、
だいたいどこでも電子マネーが利用できます。スマホさえあればお買い物ができる、そんな時代になりましたね。

クレジットカード払いにもメリットはある

さて、iD払いのメリットなどお伝えしてきましたが、一方でクレジットカード払いにもメリットはあります。

大きなメリットとしては、高額なお買い物の支払いにも対応できるという点です。
iD払いの場合は、特に店舗では上限金額が定められていることが多いです。これは、電子マネーのiDは手軽に使える分、
クレジットカードのように信用情報がないため遣い過ぎないようにしているからなんです。

クレジットカードは、入会から発行までに審査がしっかりとありますので、利用限度額も高めになっていますし、決済額が
大きくても限度額内であれば決済ができます。
大きな買い物をする際には、iD払いでは対応できないことがあるので、クレジットカードが便利だと思います。

「iDキャッシュバック」でお得に利用できる方法

iDキャッシュバックは、dカードやドコモのキャンペーンの特典で受けられるキャッシュバックサービスです。
「キャッシュバック」といえば、いくらかお金が戻ってくるようなイメージかもしれません。しかし、iDキャッシュバックは
iD払いで使った金額に対して「差し引き」されるようなイメージの方が分かりやすいかもしれません。

例えば、iD払いで1か月に10,000円利用した場合、通常は翌月に10,000円引き落としがされます。しかし、
iDキャッシュバックが3,000円あった場合、これを使うとしましょう。すると、翌月の引き落としは
10,000円-3,000円=7,000円になるということです。

iDキャッシュバックは、キャンペーンで付与されてから一定期間、保管しておくことができます。そして、
利用したい時にdカードの管理ページで申請すれば、いつでも利用ができます。つまりは、お得な
割引クーポンのような感じですね。

iDキャッシュバックは、dカードの入会特典やdカードの利用キャンペーンの特典時に付与されることが多いです。
iDキャッシュバックは利用期間に限りがある場合があるので、付与されたら忘れないうちに使うのがおススメです。

また、dカードを使うことで貯まるdポイントは、iDキャッシュバックと交換が可能です。ですので、決済をiD払いにして、
貯まったdポイントをiDキャッシュバックに交換して請求額を安くするという方法もできますよね。
いずれにしても、dカードをたくさん利用すればお得になる機会が増えますので、小さな額でもこまめにdカードを
使うとお得かもしれませんね。

dカード特約店ではiDとクレジットカード払いを使い分けよう

iD払いでもクレジットカード払いでも、利用のポイント還元率は基本1%です。しかし、「dカード特約店」で使う場合は、
どちらの支払方法を選ぶかでポイント還元率が変わってくるケースがあるんです。

dカード特約店は、現在約40店あります。通常の利用ポイントの還元に加えて、利用した金額や支払方法に応じて1%以上の
サービスポイントが付与されます。iD払いが得か、クレジットカード払いが得かは、その店舗によって異なっています。
例えば、旅行店のJTBであればクレジットカード払い限定で特約店ポイントがもらえます。
同じ紳士服のお店でも、洋服の青山ではiD払い、AOKIではカード払いで特約店ポイント付与となっているケースもあります。

とてもややこしいので、利用する際は、お店がdカード特約店かどうか、またどちらの決済がお得か確認しておくといいですね。

iDが他の電子マネーよりも優れている点

ここまでは、dカードのクレジットカード払いとiD払いの違いを中心にお伝えしてきましたが、実は「iD払い」自体、
他の電子マネーと比べてとても優秀なので、使わないと損なんです!

チャージの手間がない

先述しましたが、iDは後払いの電子マネーです。先払いのSuicaやEdyと違い、チャージの手間がないというのは大きなメリットです。
私も、いざSuicaを利用しようとして残金がなく、入金するために時間がかかったという経験が何度もあります。これ、
本当に不便ですよね。その手間がなく、使いたい時にすぐ利用できるのはiDの最大のメリットです。

また、iDはスマホアプリで管理ができるので、利用額がすぐに確認できます。
電子マネーの残高照会は、わざわざ改札機などの機械で確認が必要だったりするので、これも便利な点ですよね。

電子マネーなのにdポイントが付与される!

また、前払いの電子マネーでは、チャージの時にクレジットカードを利用することができます。しかし、この場合の
クレジットカード決済は、カード会社のポイントの付与対象外となっていることが多いです。また、電子マネーの決済時も
ポイントは付与されないことが多いんです。

しかし、iDの場合は、支払額がdカード利用分と合算され、合算した利用額に対してポイント付与されます。そのため、
同じ電子マネーの利用でもiD払いだとポイントがもらえてお得ということなんです!

また、iD払いのキャンペーンをしていることも多く、クレジットカード支払いよりも多くポイント付与されることも
あります。ポイントは1回が小さくても、コツコツ貯めると大きな額になりますよね!

クレジットカード一体型だから、そのまま使える

iDの使い方に、dカードをそのまま読み取り機にかざして使えると説明しました。これが、とってもメリットなんです。
というのも、現在では多くのスマホにおサイフケータイ機能が搭載されていますが、携帯電話(ガラケー)や
おサイフケータイ機能のないスマホを使っている人は、電子マネーが利用できないですよね。

しかし、そんな人はdカードそのもので電子マネーとしてiD決済できるので、わざわざおサイフケータイ機能のある
スマホに機種変更する必要などないんです。

iDを利用する時に注意したいこと

こんな便利なiD払いですが、もちろん注意点もあります。
iDは、読み取り機にかざすだけで簡単に決済ができる優れものです。それ故に、万が一盗難や紛失に合った場合、
他人が簡単に決済できてしまうということなんです。

仮に、自分以外の第三者にiDを悪用された場合は、クレジットカードの限度額いっぱいまで簡単に使われてしまう
可能性があります。もし盗難や紛失にあったら、気付いたら早急に窓口のサポートセンターに連絡し使用を止めましょう。
iDもクレジットカードと一体のサービスのため、iD払い分もクレジットカードの盗難保険の対象にはなりますが、
安心しては居られませんね。

特にスマホにiDを設定して利用している場合は、スマホの第三者利用や個人情報の漏洩など危険がたくさんです!
一体化で便利になった反面、リスクも高いということです。大前提として、iDはじめスマホなどは無くさないよう、
盗られないように注意することが大事ですね!

まとめ

いかがでしたか?dカードのiD払いとクレジットカード払い、それぞれの理解が深まったことと思います。
簡単にまとめると、次のようなことが言えます。

iD払いのメリット

・クレジットカード決済ができない加盟店でも使える
・サインや暗証番号不要で簡単に決済できる
・スマホに設定しておけばカード不要
・dポイントも貯まるので、他の電子マネーよりもお得に使える

クレジットカード払いのメリット

・大きなショッピングでも安心して決済できる
・dカード自体にiD機能が搭載されている
・水道光熱費の引き落としや携帯電話料金の支払いに使える

こんなところでしょうか。
私個人としては、コンビニやドラッグストアなど、日常の細かな買い物はiD払い、百貨店や旅行など大きな買い物の時は
クレジットカード払いと使い分けていくことでお得になると感じています。実際にそのようにして、今のところ
dポイントをたくさん貯めてますよ!

皆さんもそれぞれ、メリットや特性を理解して、お買い物の際には上手に使い分けて、お得に生活してくださいね。

-dカード

Copyright© ドコモユーザが得するdカードのオキテ , 2019 All Rights Reserved.