dカード GOLD

dカード GOLDは海外旅行保険の特典が優秀!その内容と裏技とは?

投稿日:

dカード GOLDの特典の1つ「海外旅行保険」はご存知ですか?

最近では、気軽に海外旅行を楽しむ人も増えてますます需要が高まっていますよね。しかし、日本を飛び出していくにあたり、
気になるのが「海外旅行保険」ではないでしょうか。
知らない国、言葉の通じない場所でのトラブルは、普段以上に心細いものですよね。

特に、あまり海外旅行に行く機会が無いという人にとっては、海外旅行保険は改めて加入しなければならない、と思って
いる人が多いようです。しかし、実はドコモのクレジットカード「dカード GOLD」には、特典として海外旅行保険が
ついているんです!これ、あまり知られていないんですよね。

海外にあまり行かないけれど、dカード GOLDなら持っているという人もいるかもしれません。そんな人は、dカード GOLDの
海外旅行保険で十分に補償が賄えるため、改めて別の保険に入る必要はないんですよ!

この記事では、dカード GOLDの海外旅行保険がどのような保険なのか、補償内容は何かを詳しくご紹介していきます。
読んでもらうと、dカード GOLDさえあれば安心して海外旅行へ行ける!と自信になると思います。

また、最後にはdカード GOLDを少しお得に使える裏技もご紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

海外旅行保険は「dカード GOLD」の限定サービス

この海外旅行保険は、dカード GOLDの会員限定のサービスです。一般のdカードの会員は利用になれません。
主に、海外旅行中の病気や怪我の治療費だけではなく、カメラなどの携行品の損傷も補償してくれます。また、
宿泊先での破損や汚しなどの損害賠償もカバーしてくれる優秀な保険なんです。

取扱保険代理店は株式会社NTTドコモですが、保険そのものは東京海上日動火災保険株式会社と大手保険企業。
ですので、非常に安心感のある海外旅行保険だと言えます。

気になる補償の内容や期間は?

補償の対象者

dカード GOLDの海外旅行保険の対象者は、カード所有者本人(本会員)や家族カードの保持者(家族会員)は
当然のこと、「同居している家族」であれば条件が合えばdカード GOLDがなくても補償対象となります。
dカードのサイトには、このように書かれています。

「dカード GOLDをご契約中の本人会員様・家族会員様
 dカード GOLD本人会員様と生計を同一にされる、配偶者様、19歳未満で同居のご親族様、19歳未満で別居の未婚のお子様」

つまり、お父さんがdカード GOLDを持っている場合、配偶者であるお母さんや、子ども(19歳未満)であれば補償の対象です。
家族分について、別途海外旅行保険に加入する必要がないということなんですね!

補償期間と保険適用期間

保険の対象は、海外旅行に向かって自宅を出発した時から、旅行を終えて自宅に帰宅するまでとなっています。
そして、最大で90日間と決まっています。

補償の条件

補償のために必要な条件は、実は特にありません!これがdカード GOLDのすごいところです。
例えば、海外旅行の代金をdカード GOLDで決済していない場合も、dカード GOLDを持っているだけで補償の対象と
なります(自動付帯)。特に家族カードは、年会費無料で1枚作ることができ、本人会員と同じ補償額を補填して
もらえるので、とてもお得ですよね。

なお、旅行費用をdカード GOLDで支払うと、傷害(死亡)と後遺障害の2つについては補償額が大きくなります。
dポイントを貯める目的でも、dカード GOLDで旅行費用を決済しておくとより安心かもしれませんね。

補償内容と保険金額

傷害(死亡)の場合

旅行期間中の事故による怪我が原因で、事故日から180日以内に死亡した場合、保険対象となります。
保険金額は、会員の場合は最大1億円、家族も最大1000万円の支払いとなり、保険金額の100%支払われます。
なお、会員の最大金額1億円は、海外旅行費をdカード GOLDで決済している場合に限られます。dカード GOLD決済では
ないなど条件を満たさない場合は、傷害死亡時は5,000万円となります。

傷害(後遺障がい)の場合

旅行期間中の事故による怪我が原因で、事故日から180日以内に後遺障害が生じた場合、保険対象となります。
この場合、保険金は障がいの程度に応じ、支払額が決定します。
会員であれば400万円~最大1億円、家族も40万円~1,000万円の保険金額です。
なお、死亡した場合と同様、会員の保険金額はdカード GOLDによる旅行代金の決済がない場合は200~5,000万円と半額になります。

怪我による治療の費用

dカード GOLDの海外旅行保険では、怪我の治療費も補填してくれます。旅行中に事故による怪我が原因で、医師の
診察及び治療を受けた場合に、事故日から180日以内の治療費を支払ってくれます。
具体的には、治療に必要な手術・入院費や交通費、また通訳雇用の費用や入院できない時のホテル代までカバーしてくれます。
また、現地で入院し場合に必要になった物品の購入費や通信費も補償してくれるので、助かりますよね。

ただし、自殺や無免許運転、危険なスポーツ中の怪我など一部支払いが不可の場合もありますし、原因を問わず
頸部症候群(むちうち)や腰痛の他覚症状がないものは保険対象外となります。特に海外で交通事故に巻き込まれた場合、
頚椎の治療は対象外なので注意してくださいね。

保険金額は、会員本人の場合最高300万円、家族でも最大50万円と大きな補償です。

旅行中の病気も補償してくれる

dカード GOLDの海外旅行保険は、海外旅行中の病気についても一部しっかりと補償をしてくれます。
対象となる事例としては、旅行期間中に発症、あるいは感染し、旅行行程終了の後72時間以内(伝染病の場合は30日以内)に
医師の治療を受けた場合に限ります。保険内容は怪我の補償と同じく、会員本人の場合最高300万円、家族で最大50万円です。

疾病の場合は、保険金給付の対象外になる事例も多くありますので、チェックしておくと安心です。特に、妊娠や出産に
まつわるものや歯科疾病は対象外ですので、気を付けてくださいね。妊娠中に海外旅行に行く場合は、この保険以外に
対象になる海外旅行保険を探して加入しておく方が安心かもしれません。

賠償責任も充実

海外旅行中に発生した賠償責任に関しても、dカード GOLDの保険でカバーができます。保険金額は会員本人で最大5,000万円、
家族で最大1,000万円です。主には、法律上払わなければならない損害賠償金について補償してくれます。また、他人を
誤って怪我させたり、あるいはモノを壊した場合に適用されることが多いです。

海外旅行では、どんなトラブルに巻き込まれるか分かりませんし、最近では賠償責任保険がとても人気ですので、
あると助かる補償ですよね。

携行品損害

海外旅行中に、カメラを紛失したり友人から借りたバッグを盗られるなどのトラブルが発生した時に助かる補償です。
保険金は、保険価格あるいは修繕費のいずれか低い方となり、携行品1つにつき最大10万円までとなります。
また、旅券が盗難に遭った場合の損害補償は、現地で再度手配した際の交通費や宿泊費を、最大5万円まで補償してくれます。

起こらないに越したことはないですが、特に盗難やスリは国内に比べて発生しやすいので、補償があるといざという時に
助かると思います。

また、置忘れや自分自身での紛失など、自身の過失については当然対象外となります。
当然、擦り傷程度の外側の損傷の場合も、対象になりません。

救援者費用

dカード GOLDの海外旅行保険は、けがや病気をした本人だけの補償ではありません。
旅行期間中に起こった死亡事故や病気による死亡や入院、あるいは飛行機や船舶の遭難などによる行方不明や、
事故の際の救助活動などが起きた際、本人及び親族が現地にて支払わなければならない費用を一部補償により
支払ってくれます。

支払いの対象となる保険金は、以下のような内容です。

・捜索救助費用
・捜査・看護のため親族が現地へ赴く往復運賃(救援者1名限度、7日以上継続入院の場合3名限度)
・現地でのホテル客室料(救援者1名かつ14日分限度、7日以上継続入院の場合3名限度かつ14日分限度)
・現地からの遺体移送費用
・渡航手続き費および現地での諸雑費(5万円限度、7日以上継続入院の場合20万円限度)
・遺体処理費用(100万円限度)

つまり、トラブル発生時の、家族の補償もしてくれるというわけです。
何もなく無事に旅行できればいいのですが、万が一トラブルにあった際に、金銭面でサポートがあると助かりますよね。

海外旅行のよくある空港トラブルも補償してくれる

海外旅行においてよくあるトラブルの1つが、「乗り継ぎの失敗」です。乗り継ぐ前の飛行機の到着が遅れたために、
乗り換え先の搭乗に間に合わず、他の便で仕方なく・・・というケースはよくありますよね。
そんなトラブルにも、心強いこの保険。余分に発生したホテル代や食事代など、1回につき最大2万円まで補償してくれます。

同じように、ロストバゲージが起きた場合に、仕方なく購入した物品の費用を最大1万円補償してくれます。
同様に、手荷物の紛失では最大2万円まで、出航遅延は最大1万円の補償があります。

戦争や地震などの天災は支払対象外となりますが、通常の運航内で起こった空港トラブルであれば、対象となる場合が
多いにあります。もしトラブルが起きてしまったら、保険対象になるかどうか確認してみるのがおススメですね!

万が一のトラブル発生!保険金の請求手続きは?

あまり想像はしたくないですが、実際に事故が起きてしまった場合は、速やかに保険金請求の手続きが必要です。
当然ですが、手続きをしないと保険金はもらえません。

まず、請求自体は帰国してから日本での手続きとなりますので、現地で発生する費用についてはひとまず立て替えが
必要になります。また、手続きは日本で行いますが、現地でもらっておくべき書類がありますので、帰国前に必ず
確認して書類を貰っておきましょう。例えば、日本で言う「診断書」や「盗難届出証明書」などです。
日本に帰ってからでは、取りに行くのも難しいですからね。

書類を揃えたら、事故発生から30日以内に、東京海上日動dカード保険デスクまで申請が必要です。報告窓口は、以下になります。

東京海上日動dカード保険デスク
電話番号:0120-619-360(フリーダイヤルが不可の場合は03-3946-1386)
受付時間:AM9:00~PM8:00(土日祝・年末年始は休み)

なお、すぐに日本に帰国できない長期入院などの場合は、海外から直接保険デスクまで連絡が可能です。
滞在国の国際電話アクセス番号に続いて「-81-3-3946-1386」で問い合わせをしてください。なお、通話料は発生します。

dカード GOLDの海外旅行保険、「賢く」使うには?

ここまでは、dカード GOLDの海外旅行保険の内容について詳細にまとめてみました。
ここからは、ちょっと裏技のようなお話をご紹介。

持っているだけで補償を受けられるdカード GOLDですが、さらに補償を厚くするために1つできることがあります。
それは、旅行代金をdカード GOLDで一部決済するということです。

旅行代金、と一言で言っても、旅行には様々な費用がかかりますよね?イメージでは旅行代理店で申し込みした
パック旅行の代金のことを指しているのではと思われるかもしれません。

もちろん、パック代金も旅行代金。しかし、dカード GOLDの海外旅行保険においての「旅行費用」は他にも対象に
なるものがありました!具体的には、以下のようなものが「旅行費用」として扱われます。

・国際線航空機の料金
・国際線船舶の料金
・パック旅行の料金
・出発日の公共交通機関の運賃(バスや電車など)

特に注目したいのが、4つ目の公共交通機関です。空港まで行くための電車賃やバス代をdカード GOLDで決済すれば、
これも旅行代金の決済とみなされるという訳です。つまり、旅行の代金は他のクレジットカードで決済し、当日の交通費を
dカード GOLDで決済するだけで、更に補償が厚くなります。もちろん、旅行代金をdカード GOLDで支払ってもOKですよ。

さらにdカード GOLDを持っていると旅が楽しくなる!

そして、dカード GOLDの特典は、海外旅行保険だけではありません。国内28か所の空港ラウンジが無料で利用できる
サービスもついているんです。つまり、海外旅行の出発前に、空港ラウンジを利用して優雅に過ごすことができるんです!

空港ラウンジというと、ハイレベルなサービスや特別な人しか利用できないようなイメージもあるかもしれませんが、
そんなことはありません!dカード GOLDの特典で通常利用できる空港ラウンジはカード会社提携のラウンジですが、
無料でWi-Fiやコピー機が利用できたり、ソフトドリンクなどが無料でいただけるので、空港での待ち時間を楽しく過ごせますよね!

また、dカード GOLDはそもそもクレジットカードですので、海外でのショッピングにも1枚あると便利ですよね。
ショッピングをすればdポイントが貯まりますので、携帯電話の機種変更などに利用することができ、お得に活用できます。

絶対に海外旅行に行かない!と決めている人以外は、何らかの機会で海外へ行く可能性もあるでしょう。そんな時に、
dカード GOLDが1枚あれば慌てて保険を探す必要も、クレジットカードを作る必要もないですよね。
dカード GOLDは持っているだけでお得なカードですので、まだ持っていない人は早めに作っておいてはいかがでしょうか??

-dカード GOLD

Copyright© ドコモユーザが得するdカードのオキテ , 2019 All Rights Reserved.